>

病気になっていなくても行く

口内をチェックしてもらおう

健康な人でも3か月に1回は、定期検診に行くことをおすすめします。
虫歯は、本当に初期の状態では自覚症状がないので、自分で気づけません。
しかし医師が見ればすぐにわかるので、その時点で治療を始めてもらえます。
痛みを最小限に抑えて楽に治療できるメリットがあり、定期検診に行くべきだと言われています。

自宅から近い歯医者なら、時間が空いている時に行けるでしょう。
忘れないよう、毎月行く日を決めてください。
定期検診だけなら、30分ほどで終わります。
ですから仕事が終わった後や、午前中だけ休みを取って、朝早くから行っても良いですね。
まだ気づいていないだけで、虫歯や歯周病などの病気になっているかもしれません。
詳しい知識を持つ医師に、見極めてもらいましょう。

虫歯にならないための対策

ほとんどの歯医者では、定期検診の時に歯のクリーニングを行ってくれます。
専用の機器を使うので、歯ブラシだけで落とせない歯垢や歯石といった汚れまで落とし、口内が綺麗な状態になります。
これが、虫歯にならないための予防だと覚えておきましょう。
さらに、正しい歯磨きの方法を聞いてください。
虫歯になりやすい人は、普段の歯磨きがきちんとできていない可能性が高いです。

歯医者で、気を付ける部分を聞いてください。
また、自分に合った歯ブラシや歯磨き粉の選び方も知りましょう。
例えば歯茎は弱っている人なら毛先が柔らかい歯ブラシが良いですし、知覚過敏や歯槽膿漏の症状が出ている人は、それを改善できる成分が含まれる歯磨き粉が必要です。


この記事をシェアする