>

自宅近くの歯医者を選ぼう

いざという時に使う

急に歯が痛くなったり、歯茎から出血したりするかもしれません。
その時は放置しないで、すぐ医師に見せてください。
しかしかかりつけの歯医者が遠いと、行くのが面倒になってしまいます。
症状が小さいうちはまだ歯医者に行かなくて良いと思ってしまう人もいるので、自宅から近い歯医者をかかりつけにしてください。

例え症状が小さくても、重大な病気のサインかもしれません。
ですから放置せず、1度は歯医者に行くことをおすすめします。
医師が高い実力を持っていることや、評判が良いことも歯医者を選択する上で欠かせない条件ですが、自宅からの距離を妥協しないでください。
電車やバスを乗り継いで行ったり、1時間以上掛かったりする歯医者はおすすめできません。

交通手段を決めておく

隣町ぐらいだったら電車やバスですぐに行けるので、かかりつけの歯医者にしても構いません。
しかし電車やバスが、1時間に1本しか来ない場合は考え直しましょう。
もし急に歯医者に行きたくなっても、電車やバスが行った直後なら1時間待たなければいけません。
すると症状を放置することに繋がりますし、ずっと症状を我慢しなければいけないので辛いです。
頻繁に電車やバスが来るなら、どんな時でも安心できます。

さらに自分で車を運転して行くつもりなら、駐車場の有無や広さも考慮しましょう。
駐車場があっても、狭いと停めるのが難しくなってしまいます。
すると行きたくなくなるので、広い駐車場をすぐ近くに用意している歯医者を探しましょう。


この記事をシェアする